読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画 寄生獣 の感想

映画 寄生獣を見た。 前回、アニメの方の感想を書いて以来のブログ。 結論から言うと、「佳作」と思う。ちょっと気になっている、くらいの人なら見るべき。見て損はないと言える。完結編が楽しみだ。 寄生獣/ミギーリアルサイズぬいぐるみ 出版社/メーカー: …

アニメ 寄生獣 1話の感想など

原作は言うまでもなく、漫画誌に残る傑作。 傑作であるポイントは様々あるが、「日常と非日常」だろう。 新装版 寄生獣(1) (KCデラックス アフタヌーン) 作者: 岩明均 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2014/08/08 メディア: コミック この商品を含むブログ …

ゲスパー大戦としての学会誌表紙絵騒動が面白かった

ちょっと出遅れてようやくキャッチアップできた人工知能学会の新学会誌表紙絵騒動の件。 学会誌名の変更と新しい表紙デザインのお知らせ | 人工知能学会 (The Japanese Society for Artificial Intelligence) 学会サイドが謝罪した?ということらしいので、…

商業アニメは商業の文脈で語るべき

痛いニュース(ノ∀`) : 松本人志 「アニメの吹き替えを芸能人がやる映画あるでしょ。あれはいかんなぁ…」 - ライブドアブログ 趣味でやってるんじゃなくてビジネスなんでね。プロ声優をやった方が儲かると思うんなら、そういう企画書を出してみれば良い。 ずっ…

音楽に支払われるべき対価

「音楽を売る」ということの先にあるもの - 日々の音色とことば: 愛を感じる。根っこから考えたら良いんじゃないかと思った。音楽の効用に対して対価を払っている、と考えて、そこからの話。 と思ったので、考えてみる。 音楽の効用から。 「音楽の陶酔」研…

私のダウンタウン評2013

関西人からしたらダウンタウンがディスられてるのが悲しい - 無意味の意味 ダウンタウン以前以後みたいなものはやっぱりあるような気がする - ←ズイショ→ TVっ子だ。 昔、ダウンタウンが好きだった時期がある。 劣化しているのかなあ、と思っていて、これは…