読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

商業アニメは商業の文脈で語るべき

痛いニュース(ノ∀`) : 松本人志 「アニメの吹き替えを芸能人がやる映画あるでしょ。あれはいかんなぁ…」 - ライブドアブログ

趣味でやってるんじゃなくてビジネスなんでね。プロ声優をやった方が儲かると思うんなら、そういう企画書を出してみれば良い。

 

ずっと昔から言われている話。

 

これを作品性から語っても意味がない気がする。

 

 

芸術作品でも趣味でもないのだから、興行側が収入を最大化使用とするのは当然で、その手段としての有名人の起用なのだろう。

また、もっと勘ぐると、実際の収入はどうでも良くて、興行側の社内事情で、有名人を起用しないと企画提案自体が通りないのかもしれない。

つまり経済合理性でさえ理由でない可能性がある。

 

そんなのクソだ、と。

 

そう思うんなら、権利を買い取って、自分のあるべき作品に仕上げて、興行側にたってやってみるしかないのだろう。

 

アニメから商業性を取ってしまったら、理想の世界が現れるかというと、そんな気はしない。

 

ちょっと違うかもしれないが、バンダイがスポンサーになってくれないとガンダムもプリキュアも成立しないだろうし。