読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国内SIMフリーiPhone解禁はソフトバンクに有利に働く

http://store.storeimages.cdn-apple.com/7703/as-images.apple.com/is/image/AppleInc/aos/published/images/i/ph/iphone5s/selection/iphone5s-selection-hero-2013_GEO_JP?wid=600&hei=600&fmt=png-alpha&qlt=95&.v=1410266238324

 

アップル、国内でもSIMフリーiPhoneを発売--アップルストアで購入可能に - CNET Japan

これは失策と見る。キャリアが戦略変えてきて他の国や地域と同じくAndroidにシェアを取られそう。利益ベースで改善するなら、それでも良いんだろうけど。。。SBが真っ先にゲームチェンジに動くだろうな。

 

先のことは分からないし、他人がどう動くかなんて分からないけど、国内キャリアで一番アグレッシブなのはソフトバンクであって、それらの手が功を奏するストーリーで想像をしてみる。

数字なんか持ってないので、せいぜい思考実験的な話。

 

日本でiPhoneが売れている理由の大きな点はキャリアが大量にAppleから購入してインセンティブつけて売っているからだ。

 

MNPなら機種代タダでキャッシュバックまでつく。

そこからさらにキャンペーンで通話料、通信料は大きく引かれる。

その手のユーザーにとってはSIMフリーiPhone買う意味がない。

 

言うまでもなく機種変ユーザーが割を食っていて、彼らが余分に払った分を原資に上記のようなキャリアのシェア獲得戦略が行われている。

 

機種変ユーザーにとってもSIMフリーは無意味だ。

彼らの行動は変わらないだろう。固定客だ。

 

大手がのきなみiPhoneを販売する現状、iPhoneで浮動客を引きつけるコストが高くなっている。

その上、SIMフリーiPhoneまで登場したのでは、iPhoneを安く提供してシェアを獲得する戦略にうまみがなくなるだろう。

 

そこで、ゲームチェンジに動く。

ここで、さまざまな買収ががぜん有利になってくる。

Sprint NextelやBrightstarの買収で相当の購買力がついており、かなり有利な調達が可能なはずである。

 

ソフトバンク専用iPhoneの必要性と共に、その存在はなくなるだろう。

SIMフリー端末を調達すれば良い。

 

単純な計算として、末端ユーザーが小売りのSIMフリー端末を買うのより何十%も安く買える。

そのサヤの分、ソフトバンクも儲かるし、ユーザーも恩恵を受けられる。

ユーザーはソフトバンクから端末を買うのがもっとも安くなる。原理的に。

 

それと、ユーザーがスマホ買って何するかと言ったらゲームする。ゲームくらいしかしない。

統計から明らかである。

そこで、人気ゲーム、国内ではガンホー、海外ではSupercellを押さえているのことを利用するだろう。

具体的なところまで想像してないが、必ずやってくる。

 

多くのユーザーからするとソフトバンクで端末を買って、通信契約をするのがもっとも合理的な選択となる。

iPhoneAndroidどちらを選択するにしても。

 

ここで、iPhoneを優遇する意味がない以上、Androidの方がかなり割安になるはずだ。

そうするとAndroidユーザーが増えるだろう。

 

これは他のキャリアにとっても同じなのでiPhoneのシェアは下がるはずだ。

もしかしたら、他キャリアが逆を行ってiPhoneを叩き売りだすかもしれないが、そんなことをしても利益に貢献はしないはだろう。

 

Samsungソフトバンク優遇しだす、といった転換も想像できる。

 

というような流れになると、Appleは日本でのシェアを落とし、おそらく利益も減らす。

そしてソフトバンクはシェアを増すだろうし、それ以上に利益が向上する。

波及してSprintも利益が出るようになるかもしれない。

 

上記のストーリーになるかどうかは分からないけど、他のストーリーが思い浮かばない。

 

少なくとも、全キャリア通信料が安くなるというようなユーザーにとって夢のような境はやってこないだろう。

電波は寡占状態出し、一般人はMVMOなんて利用しないし。

 

なお、ソフトバンク株を今買うのはあんまりお勧めしない。割高に見える。