読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人が働くのは人生を楽しむため

人は何故働くのか?

 

働くことは、ウソをつくことでもある。 - 犬だって言いたいことがあるのだ。

ロジックがすっ飛んでて、ちょっと良く分からない。

 

ウソ云々の件が、ファクトもなく、ロジックもすっ飛んでいて気持ち悪かったのでゼロベースで書いてみる。

 

タイムスリップして原始的な生活をしている人に聞いてみれば、というか聞くまでもないと思うけど、生きるために狩りをし、服を作り(毛皮をまとっただけかもしれないが)、家を造る。

 

生きるため、というか死なないためという方がピンと来るかもしれない。

働かなくても死なないのなら働かない、という人は結構いるはずだ。

 

衣食住が足りたら、壁画でも書こうか、という人が出てくる。

楽しいからである。自己実現、と言っても良いけど。

 

 

ところで、最初は一人で狩りをし、服を作り、家を造っていたかもしれないが、そのうち分業しだす。

 

得意な人が得意なことをやる。

楽しいから得意だし、得意だから楽しい、ということがあるだろう。

この辺で強引に楽しいから働くのだ、としておく。

働くことは必ずしも楽しいケースばかりではないが、できれば楽しみたいものだろう。

 

人はまず生きるために、死なないために行動する。

生命の危険がなくなれば、楽しもうとする。

 

ということで、働くということは、

 

・ まずは、死なないため

・ その次に、楽しみのため

 

ということだろう。

そうではない、という人は見たことがない。

 

働くことへの理由として色々と上がるだろうが、どうしたって、ここに行き着くはずだ。

 

ということで、人が働くのは人生を楽しむため。

 

 

そんなに問答が必要な話じゃないよね、と思う。