読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

起業したら雑務が増えるとは限らないよ

気になったので。

 

はてなブックマーク - 何故プログラマーは起業に追い込まれるのか

 

ブコメとかの反応見ていて、

 

「起業した方が雑務が増える、甘く見過ぎ」

「そんなことじゃ失敗する、甘く見過ぎ」

 

みたいなコメントを見受けた。

 

聞きかじりの知識で言っているんだろうけど、そんなことはないよ。

「企業とそれに伴う雑務を甘く見ている人」という突っ込みやすいテンプレ、とかって単純な話じゃない。

 

やり方次第ではもちろん雑務は増えるけど、別に法人作るところからやったって大したことないよ。丸投げしても微々たるもんだし。

経理もそう。毎日売上げが発生するような職種じゃないでしょ。

これは、経験者がもっと言った方が良いのかなと思った。

ということで、言ってみる。

 

それに、ご本人も補足で言っている通りで別に失敗したってかまわないじゃん。

 

で、儲かることをあきらめたのなら、独立・起業したら好きなことできるよ。

これは、知っておいた方が良い。

 

もちろん、儲けることを優先したら雑務は増える。

儲けるための企業、というのはもちろんあるだろうし、あっても良いけど、ここでは別の話。

 

好きなことをしたかったら、儲けることを最優先にしなくても良いくらいの余裕を持って独立・起業するのがベストだと思う。

 

趣味でやっても良いんじゃん?という意見もあるだろうけど、そんなのビジネスの経験、意識がある人ならつまらないんじゃないのかな。

単にプログラミングできていれば良いわけじゃなくって、社会的な意義、貢献、価値のあることをやりたいだろうし、だとしたら売上げが立ってなんぼ、というところはあるよ。

 

独立・起業して、それなりに成功している人は、この人に説教とかたれたりしないと思う。

経験がなくて聞きかじりで言っているか、やってみたけどよく分からずに失敗した人くらいだろうな、と思う。

 

何なのかな、嫉妬とかなのかな。自分の価値下げるだけじゃないかと思うけど、まあ、大きなお世話だわね。